日々の三棚

次回ギグは未定!精進!
「技術革新。」
0

    ついにこの2月より、我が家のテレビがブラウン管から薄型テレビに変わりました。

    これで、今まで見切れていた画面の端っこが映るようになりまして。いやん、素敵。

    画面が横長になったのみならず、インターネットにも繋げられるようになったことが非常に素晴らしく。

    録画用の外付けハードディスクも備えまして「岩合光昭の世界ネコ歩き」を録りまくっております。

     

    ところで、そんなナウになったテレビ環境を生かして観ましたのが「モヒカン故郷に帰る」(2016年、日本)と「FASTEST」(2012年、アメリカ)でして。

    モヒカン故郷に帰る」はライヴのシーンと吹奏楽の演奏シーンが生々しいほどに現実味があって、両方を知っているワタクシめとしては、なんなら心が痛かったですよ、ええ。

    FASTEST」は故・加藤大治郎選手が紹介されるシーンと、125クラス時代のバレンティーノ・ロッシ選手が表彰台にいるシーンでチラッと映る上田昇氏に涙を禁じ得ませんでした。

     

    録画やオンデマンドであれば作品毎に映像ソフトをレンタルや購入しなくてもよく、都合のいい時に観られるで助かりますねぇ。

    | 三棚 | 映画・TVっ子 | 15:37 | comments(0) | - | - |
    「年度末だった。」
    0

      キャー!

      うっかり更新を滞らせてしまいました・・・。

      アレですよ・・・、年度末ってヤツにナニされたんですよ・・・。

       

      3月は9日(木)・23日(木)とラグナスカイ(仮)スタジオやったんですが、日本円稼ぎの影響によるメンバーの早退や欠席が相次いだ次第。

      ホンマね、日本の3月は恐ろしいですわね。

      しかし、体調を維持出来ればなんとかなるので、健康に留意ですよ、ええ。

      ちなみに、20日は全員揃ってのスタジオとなりまして、4月になってよかったなと思いましたねぇ。

       

      そうそう、1月からテレキャスターを使い始めたタニグチ君でしたが、今回はストラトキャスターに戻してました。

      長年連れ添っているので、弾きやすそうでしたよ、正味の話。

      | 三棚 | 音楽 | 14:57 | comments(0) | - | - |
      「扇町の藤川真里!」
      0

        昨夜(5日)は扇町paraーdiceにて、藤川真里さんのギグを観戦して参りました。

        本来は昼行灯での出演予定でしたが、未だにボーカルのピョン吉さんがDL中のため先月に引き続き藤川さんのソロになった次第。

         

        ↑Wヨウヘイの夜。

         

        資本主義社会の荒波に揉まれましたワタクシめは、3組目からの入場と相成り・・・。

         

        宵街探訪の皆さん。

         

        おそらく全員お若いはずですが(20代前半か?)、ボーカル氏の「50代になって子供たちも独立し余暇も出来た・・・、青春をもう一度・・・、昔取った杵柄でギターでも弾いてみようか・・・」感がものすんごくて瞠目しました。若い肉体に熟年の雰囲気、これは天からの授かりものですよ、ええ。他に無い武器ですので、その飛び道具を保っていただきたい。

        リズム隊の安定感もよろしおましたし、リード・ギター氏がソロを弾く際の客席へ背を向けるマイルス・デイビス・マナーにもグッときましたねぇ。

         

        藤川真里さん。

         

        前回に引き続いてのパンチ力に溢れる唄、ギターが素晴らしかったですよ、正味の話。

        MCでの「酔っても良いが、階段からは落ちないように」という訓示は、全酔っ払いが肝に銘じるべきですなぁ。

         

        みのようへい氏。

         

        フリーダムの皆さんがギグをする際にはよく客席でお会いしていたんですが、唄ってはるところを観るのは梅田ハードレインでのヘルくらげ以来ですかなぁ・・・。渋さがええ塩梅に染みていて、聴き心地がよろしおました。

        バンド(みのようへいと明明後日)ではアルバムを作りはったそうなので、活発でなによりですよ。

        | 三棚 | ギグ | 09:11 | comments(0) | - | - |
        「車好きこそ観るべき映画。」
        1

        昨日は平成22年以来で映画館に行って来ましただよ。

        作品は公開前から話題になっておりました「ラ・ラ・ランド」でして、正味の話がええ映画でした。

        ネタバレになりますのでストーリーには触れませんが、ワタクシ的には出てくる車の数々に興奮を禁じ得ず。

        特に、最初は二代目フィアット500が路駐されている場所が、5年後のシーンではフィアット126に変わっていたところなんざぁ、粋でございましたねぇ。

        もちろん映画好き、音楽好き、ミュージカル好きの皆さんも観ちゃったりなんかしたりすればよいと思いますよ、ええ。

         

        | 三棚 | 映画・TVっ子 | 22:22 | comments(0) | - | - |
        「新年会からの十三。」
        0

          昨日(5日)は天神橋三丁目なかい山の超常連さんが主催する新年会にお呼ばれし、その後は十三クラブウォーターにて敢行されました藤川真里さんのギグを観戦してきた次第。

           

          ↑シャレオツな雰囲気。

           

          旧暦でしたら1月9日でしたのでね、新年ですよ、ええ。

          いやはや、呼んでいただいておおきに!

           

          ↑本当は昼行灯の皆さんが出演予定でしたが・・・。

           

          ボーカルのピョン吉さんが自主トレ中のアクシデントでDL入りしてしまったとのことで、15日間で済めばよいのですが60日間の可能性も濃厚だそうで誠に心配であります。

          1日も早い回復をお祈りいたします。

           

          諸般の事情で途中入場・・・

           

          ほおづえの皆さん。

           

          リード・ギター担当が中川裕太氏で瞠目。

          昨年の玉手山一揆での共演以来でしたので、お久しぶりでございました。

          バンドも独特の雰囲気が心地よく、また観たいと思いましたゼ。

          あ、サウンドクラウドもあるそうな。

           

          藤川真里さん。

           

          平成26年9月以来のソロ観戦でございましたが、もっと観なくてはと反省しきりでしたよ、ええ。

          一人なのに一人に聴こえない音像の多彩さにバチコーン!とイカれますねぇ。

          代打、ということでしたが、代打サヨナラ満塁ホームランといったところでしょうか。

           

          | 三棚 | ギグ | 09:34 | comments(0) | - | - |
          「一大決心。」
          0

            あ、決心したのはワタクシめではなくてですね、ラグナスカイ(仮)のタニグチ君がですね・・・

             

            ↑テレキャスターを購入!

             

            ↑無銘?!

             

            ↑塗装の削れはエイジド加工だそうな。

             

            どこかの楽器店が作成した個体で、詳細は不明とのこと。

            しかし、音量を小さくしても音が前に出てくるええ塩梅なギターでしたよ。

            従来からのストラトキャスターと使い分ける楽しみが出来ましたねぇ。

             

            ところで、20日がスタジオでしたが、旧メンバーのう〜ちゃんが遊びに来ましたので新しい方向性の曲をこしらえました。

            なんとか、形にしたいですな。

            | 三棚 | 音楽 | 07:36 | comments(0) | - | - |
            「知り合いだらけの扇町。」
            0

              ワオワオ!

              スッ&カリ新年でございますわね。

              今年もよしなに、ひとつ・・・。

               

              と、いうわけで、平成29年初回のギグ観戦は13日に扇町para−diceにて敢行されました、黒色青年zettaiの皆さんによる対バンでありました。

               

              ↑体調不良で出演を断念したペケキング・テリーさんの代打は、ベロニカでもご活躍の山岡永美さんでした。

               

              諸般の事情で途中入場でしたワタクシめ・・・

               

              黒色青年の皆さん。

               

              ↑1曲目までは自分のギターを弾いていたしんぐべー先生ですが・・・

               

              ↑一気に2本も弦を切ってしまい、zettaiしの山さんにギターを借りてはりました。

               

              ↑照明の関係で全く映っていませんが、あにめ井藤さんはコーラス用のインカムを装着。

               

              ↑愛車はフィアットのパンチ師匠。某俳優似。

               

              まったくもっていつも通りの芸達者ぶりに楽しませてもろた次第。

              いやはや、参っちゃうねぇ。

               

              トリ、トリ貴族はzettaiの皆さん。

               

              ↑セキドさんは、絵になりますわな。

               

              ↑途中でギターをほったらかしたしの山さんに代わって飛び入ったしんぐべー先生

               

              ホリさんも1曲唄いはりました。

               

              前回は持ち時間20分だけのイベントでしたので、今回はたっぷり観られてよろしおました。

              なんだねぇ、バンドの魔法だねぇ。

              | 三棚 | ギグ | 08:24 | comments(0) | - | - |
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              252627282930 
              << June 2017 >>
              + PR
              + RECOMMEND
              + SELECTED ENTRIES
              + RECENT COMMENTS
              + CATEGORIES
              + ARCHIVES
              + MOBILE
              qrcode
              + LINKS
              + PROFILE