日々の三棚

次回ギグは未定!精進!
「三棚読書日記。」
0
    071114_2325~01.JPG
    村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」と2作目の「1973年のピンボール」を読む。

    読後感ですが、かなりの切なさがありましたよ。

    なんちゅうか、その、
    「青春の忘れ物」
    を見ている感じですなぁ。

    これから、追っかけてみますかな、村上春樹作品を。
    | 三棚 | 活字中毒 | 23:40 | comments(0) | - | - |
    「三棚読書日記。」
    0
      070805_2224~01.JPG
      ワタクシ、常に図書館から本を借りていないと落ち着きません。
      活字中毒なので、本がないとあきませんのやわぁ。

      で、今回借りた中で既に読んでしまったのが画像の
      「TAJIRI THE JAPANESE BUZZSAW」(TAJIRI著 マガジンハウス刊)

      「狼花 新宿鮫IX」(大沢在昌著 光文社刊)
      でおま!

      「TAJIRI・・・」はプロレスラーTAJIRIがWWE在籍時に書いた自伝。
      ワタクシ、この人のファンなので、一気に読み切ってしまいました。
      ごっつ面白かったんですが、特にECW在籍時のエピソードがよかったですねぇ。

      「新宿鮫・・・」は待望のシリーズ最新作。
      既に9作目ですが、大いに次回作を期待出来る内容で、全作品を読んでいるワタクシは今から待ち切れません!

      う〜ん、1ヶ月くらい引き篭りで読書がしてみたいですなぁ。
      | 三棚 | 活字中毒 | 23:35 | comments(0) | - | - |
      「三棚読書日記。」
      0
        "横尾忠則自伝ー「私」という物語1960-1984"(文藝春秋社刊)を読む。

        いいです、実に、いいです。
        なんとも言えない、良さです。

        好きですねぇ、横尾忠則

        中学1年生の時に買ったサンタナの"ロータスの伝説"というアルバムのジャケット・デザインが横尾忠則やったんですよ。

        今思うに「台無し人生」への布石は、既にその頃から始まっていたんですなぁ(笑)。
        | 三棚 | 活字中毒 | 23:23 | comments(0) | - | - |
        「三棚読書日記。」
        0
          普段から種々雑多な本を読み散らかしているワタクシですが、最近グッと来たのがフランソワーズ・サガン山手樹一郎でおま!

          片やフランスの女流恋愛小説作家、片や日本の時代小説作家と、支離滅裂な選択に我ながらあきれますな(笑)。

          が、これが面白いんですって。
          騙されたと思って、ゼヒ。


          ちなみに、サガンを知ったきっかけは、「ジョゼと虎と魚たち」という映画を観て、さらに原作を読んだからですわ。
          サガンの小説には「ジョゼ」という主人公が多い、というくだりがあって、興味を持ったわけでして。

          あ、この映画も原作も素晴らしいので、やはり、ゼヒ。
          | 三棚 | 活字中毒 | 23:47 | comments(0) | - | - |
          「三棚毒書日記。」
          0
            "鶴見のチャック・ノリス"がブログで絶賛していたので「デトロイトメタルシティ」(若杉 公徳著・白泉社刊)を購入。
            ネタバレになるとアレなんで詳しくは書きませんが、確かに面白い!

            "デトロイトメタルシティ"というデスメタル・バンドのギター・ヴォーカルが主人公なんですが、出てくる曲を実際に聴いてみたくなりますわよ。
            アニメ化された時には、本気のジャパ・メタ・バンドの皆さんにやっていただきたいですねぇ。

            20061101235704.jpg
            ↑早く3巻が出て欲しい!
            | 三棚 | 活字中毒 | 23:57 | comments(0) | - | - |
            「三棚読書日記 4。」
            0
              図書館で借りた「湘南 海光る窓」(城山三郎著・文藝春秋刊)を読む。

              エッセイ集なんですが、タイトルとは裏腹に、そんなに海の話は出てきません。
              なぜか電車の話が多くて、それもJRに対する愚痴が大半です(笑)。

              と、いうても、面白くないわけではなくて、充分に楽しめましたが。

              ことあるごとに「東京へ出るのはしんどい」と嘆きはるんですが、ワタクシも都会は難儀ですなぁ。
              難波・心斎橋が限界で、梅田まで行くと人混みに耐えられませぬ。
              東京なんぞはもってのほかですな。

              やはり、微妙な田舎がよろしおま!
              | 三棚 | 活字中毒 | 23:50 | comments(0) | - | - |
              「三棚読書日記 3。」
              0
                図書館で借りた「新宿鮫7 灰夜」(大沢在昌著 光文社刊)を読む。

                新宿鮫シリーズは数年前から読んでるんですが、かなり好きですねぇ。
                他の大沢在昌作品も読んでみたんですが、グッときたのはこのシリーズだけでして。
                なんでしょうなぁ、登場人物の魅力がええんでしょうなぁ。

                いつもはタイトル通りに新宿が舞台の中心なんですが、この「灰夜」では九州地方のある都市で話が展開。
                今までにない雰囲気でしたが、新鮮で良かったですわ。

                ところで、先月最新刊の「狼花」が出たとのこと。
                うーん、図書館にリクエストしなければ。
                | 三棚 | 活字中毒 | 23:39 | comments(0) | - | - |
                「三棚読書日記。 2」
                0
                  まだ途中なんですが「ロンサムカウボーイ」(片岡義男著・晶文社刊)を読書中。
                  全体的に「気恥ずかしい雰囲気」が充満している文体でありまス。

                  ところが!
                  これがですねぇ、年に1〜2回は無性に読みたくなるんですわ。

                  他には「スローなブギにしてくれ」や「彼のオートバイ、彼女の島」等が気恥ずかしさ満点でよろしおま。

                  あ、車オタクとしては、車に関して所々で間違った表記が目についてしまいますが、それは言わない約束でしょう。
                  | 三棚 | 活字中毒 | 23:22 | comments(0) | - | - |
                  「三棚読書日記。」
                  0
                    図書館にて「居酒屋兆治」(山口瞳著・新潮社刊)を借りる。

                    作者も作品も名前だけは知ってたんですが、実際に読むのは初めてで。
                    ごっつ感動があるわけではないんですが、じわじわと面白さが浸みこんでくるような味わいでした。

                    軽い文体ですらすら読めて、読後感も気持ちいいのでおすすめでス。
                    めったに居酒屋には行かないワタクシですが、行きたくなりましたねぇ。

                    高倉健主演で映画になっていますが未見。
                    ケーブルTVでの放映待ちですな。

                    | 三棚 | 活字中毒 | 09:46 | comments(0) | - | - |
                    「図書館通い。」
                    0
                      先月からずっと「鬼平犯科帳」(池波正太郎著)を読み続けております。
                      だいたい週に1回のペースで図書館に行き、文庫本で3冊ずつ借りているわけで。

                      読むのは通勤電車の中や、仕事の休み時間ですわ。
                      あんまり面白いので、電車では降車駅を乗り過ごさないように注意が必要でス(笑)。

                      舞台は江戸時代ですが、話の内容は現代社会にも当てはまります、正味の話。
                      読んでいて面白いだけでなく、色々と勉強になりまっせ。

                      今は10巻を読んでいる途中ですが、まだあと10数巻あるのでお楽しみはまだまだ続くわけですよ。素晴らしい。

                      20060407_155659.jpg
                      ↑本文とは関係ありませんが、久々に度肝を抜かれた看板。
                      | 三棚 | 活字中毒 | 22:20 | comments(0) | - | - |
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>
                      + PR
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE